トロイオンスという単位をご存知ですか

金の国際価格の取引単位です

金買取の最終的な価格を導きだす式とは

金買取とは、文字通りの意味で黄金・ゴールドを意味する物の売買の流れを意味する言葉です。

現代は資本主義ですが、かつてはその前身的と言えた金本主義なども存在していました。

そして現代でも、金は紙幣とは別の現物交換の現場における媒体物の1つの役割を担っており、富裕層などの中には、自国や他国の紙幣の信頼性だけでは問題があると判断して金への交換を行って貨幣資本の崩壊への逃げ道を用意しておくというパターンもあります。

金に何故、その様な価値があるのかと言うと、それは複合的な理由があるからとだけは言えます。 人類もカラスの様に光物に芸術品的な意味での大きな価値を見出す傾向がありました。

そして金はその中でも最上位の物として取り扱われ、それが結果的に紙幣とは違う資本の大きさを示す指標となってきた人類文化の背景があります。 ただ、それは金そのものが大きな価値があるという訳ではなく、金に付随する背景こそが金の価値を担わせていると言えます。

かつては硝子が金や銀と同じく紙幣の代わりを担う高価値な物として扱われた時代がありましたが、現代ではそうではないように、将来的には金の価値がどうなっているのかも定かであるとは言えません。 硝子の様に私達の日常生活の中に当たり前に存在する物質の様になったら価格崩壊が起きる可能性も0ではないでしょう。

そして、その流れの中で説明した「背景」こそが、この金買取の最終的な価格を取り決めていく式の項目と化していく部分でもあります。 金買取の最終的な価格とは、いわば所有者が売る際の値段です。

これは金相場という背景こそが項目の割合やパーセンテージを決めていき、買取側が掲示する値段へとなっていきます。

これは以下に記す式が、おおよその採用されている金買取手段です。 それはこうなります。

当日の金の価格×持ち込みの金の重量×その買取側が本物の金かを調査する手数料×その時の税率や税負担分 と、なります。 この中で当日の金相場の値段と、重量に関しては積(掛け算)で増える計算となっていく部分と言えますが、後ろの「手数料」と「税金」の部分は掛け算になっていますが、これはあくまで1グラム単位での変動性を導入している業者が多い事から引き算ではなく、重量と相場値段と掛け算変動で変化する要素として掛け算が用いられます。

その為、掛け算で言うマイナスの部分と言えます。

この金買取の計算方法が用いられる事で最終的な価格が決定し、買取側が買取値段を掲示する事となります。 その為、もし金の売買に関して趣向を目指すならば金相場への理解と、それを取り巻く社会環境への理解を持つ事が大切です。

Copyright(C)2015 トロイオンスという単位をご存知ですか All Rights Reserved.