トロイオンスという単位をご存知ですか

金の国際価格の取引単位です

金買取の単位は、ウィリアム1世のイングランド征服時代からの歴史を発端

トロイオンスという金買取の単位があります。ウィリアム1世のイングランド征服時代から始まった金買取の歴史を持ちます。トロイは、中世において重要な商都として栄えたフランス・シャンパーニュ地方のトロワという街から由来しています。興味深い歴史が隠されていて、中世ヨーロッパの交易の商人たちの姿とともに歴史が見えてきます。商人たちは銀貨を数える両替商から金買取へのつながりも持ち合わせています。

ウィリアム1世は英国王室の起源であり、征服王として知られる王であり、在位期間は1066年から1087年となっています。ウィリアム1世はフランス出身でフランス王の臣下であった期間があり、機会を見計らってイングランドを征服し、ノルマン朝を開いて現在の英国王室に続く流れを作り上げている人物です。

トロイ衡の単位は現在ではトロイオンスしか使われていない特徴があり、トロイオンスはヤード・ポンド法のトロイ衡という単位系の単位の一つとなっています。オンスは重さの単位で、常衡とトロイ衡があります。常衡でのオンスを常用オンスといい、トロイ衡でのオンスをトロイオンスといいます。金や銀などの貴金属の世界では、トロイオンスのほうを用いるのが一般となっています。

金1オンスといったら、約31グラムを示しており、通常は金1トロイオンスのことを指しています。金がトロイである一面を持つためにトロイ衡のことを金衡ということもあります。トロイオンスとは、金の相場価格を表示するときには昔から、この単位を基準として、価格を表示することになっていますが、日本のグラム単位の表示は英語圏においては、ほとんど使用されることがない特徴があります。

このオンスは使われる対象によって、その表す質量の種類が変化します。香水のような液体に使用される場合には液体の容積を表します。一方で、トロイオンスとして、金や銀などの貴金属の金買取などに使われる場合には、貴金属の重量と重さを示します。 現在においても金買取の相場はさまざまな世界情勢やイギリス国内やほかの国の影響を受けて上昇したり、変動を続けています。現物取引の中心であるロンドン市場でも値上りをして高値を付けたり、原油相場やインフレなどの影響も受けています。最近は投資資金が集まりやすくなっています。

トロイオンスという単位は、トロイ衡の歴史は、ウィリアム1世のイングランド征服時代からの歴史を発端にして、金の国際価格の取引単位につながっています。今では世界中で金買取の単価として使用されています。

Copyright(C)2015 トロイオンスという単位をご存知ですか All Rights Reserved.