トロイオンスという単位をご存知ですか

金の国際価格の取引単位です

注意する必要のある金買取の紛らわしい間違え

近年において即座に資金を手に入れられることによって私物を売却する買取が流行していますが、その買取において古来から価値が安定して高いものとしてあるのが金です。この金が長年安定して高い価値があるのは世界基準で利用価値があるものであり、それは見た目の美しさによってアクセサリーなどに活用できることが大きいです。

しかしそれ以外にも実生活に欠かせない物になっている家電においては電気を誘導するために使われたり、さらに金は物質の中でも強い殺菌作用があることで医療機関において心臓の鼓動を助けるペースメーカーや虫歯になった後の詰め物にも利用されることでの需要があることで常に高い価値を見出されているため金買取は高いと言えます。

しかし実際に金買取する際に高い買取価格を期待して買取をしてもらうと、どの店でも買い取り価格に差額があり自分の望んだ金額にならないことがあるのです。その金買取で希望金額にならないのには金買取の取引に関係しているものであり、それは国内と国外とで金買取の紛らわしい間違えが起こってしまうルールがあるためです。

国内での金買取は金の量をグラムとして査定しており、そして海外においてはトロイオンスという形で査定されています。このトロイオンスとは実際に海外の取引所として使われているアメリカやイギリスでの呼び方であり、このトロイオンスもまたアメリカやイギリスでグラムとして使われているものです。

しかし明確な違いがでるのは国内の通貨価格と国外の通貨価格に差額が生まれるのと、そしてトロイオンスの国内と国外の考え方にあります。このトロイオンスはグラム数で1トロイオンスを正確に 31.103 4768グラムと明確に記載されており、このトロイオンスの使い方が国内においては特殊の計量である金貨の質量の計量にのみ限定して使用できる単位で金買取できる場所の中にはそれぞれ違いが生まれてしまうことになります。

そして国内の取引ではグラムを使うの国外取引ではトロイオンスを使うという部分でテレビで取引価格を見て高くなったからといって、この国内で使われているグラムで計算して国内の通貨で算出されると実際の取引が行われているのがイギリスもしくはアメリカで行われているため向こうの通貨で算出された通貨で決まってしまいます。そのためこのトロイオンスとグラムの規定を間違えて取引をしてしまうと紛らわしいとはいえ取引価格に差が生まれてしまうため注意が必要となります。

Copyright(C)2015 トロイオンスという単位をご存知ですか All Rights Reserved.